続 まらやの司法書士合格ブログ~宅建ネタも

Top Page » Next
2020-09-27 (Sun)

【TOP固定表示】試験情報・開講日・イベント情報 ※出題予想・未出の過去問~目次

【令和2年度司法書士試験情報】※随時更新試験会場一覧はこちらhttps://maraya-shiho.fc2.net/blog-entry-127.html法務省ホームページ・令和2年度司法書士試験の実施延期について・令和2年度司法書士試験受験申請の受付延期について・令和2年度司法書士試験受験案内書・令和2年度司法書士試験(筆記試験)の実施予定日等について・令和2年度司法書士試験における新型コロナウイルス感染症への対応について【令和2年度宅建試...

… 続きを読む

令和2年度司法書士試験情報※随時更新




令和2年度宅建試験情報※随時更新
【試験日時】
令和2年10月18日(日)13時~15時まで
※登録講習修了者 13時10分~15時まで

宅建試験 重要なお知らせ(令和2年7月1日)
1.試験会場における受験可能人員を上回った場合には、10月18日(日)ではなく、後日、指定した試験会場で受験していただく場合があります。
2.その場合の追加の試験日は、12月27日(日)を予定しています。該当する受験者の方には、8月末までに(予定)改めて通知いたします。



【イベント情報※随時更新
宅建士
夏から狙う超短期合格!チャレンジ本科生のススメ!
6月16日(火) 19:00~
TACなんば校
※ご参加ありがとうございました。

司法書士
2020年度本試験分析&2021年度本試験攻略法
近日中発表

司法書士
近時の改正法対策&中上級者のための合格の方法論
近日中発表

司法書士
記述式対策講座 体験講義
近日中発表

司法書士
本試験出題網羅率が実証する~「択一式対策講座【実践編】」体験講義
近日中発表


【開講日情報※随時更新
宅建士
チャレンジ本科生(梅田校)水曜クラス
開講中
宅建士
宅建士 
チャレンジ本科生(なんば校)平日夜クラス
開講中

司法書士
8月26日開講(梅田校)
2021年目標 上級総合本科生
・択一式対策講座【理論編】
・択一式対策講座【理論編】速修講義
・記述式対策講座
・択一式対策講座【実践編】
10月26日開講(梅田校)
2022目標 基礎総合コース


【TACホームページ


***連載中の記事***

【未出の過去問】シリーズ


【ここやってる?~令和2年度出題予想】シリーズ


※不動産登記法以降の予想記事は休止中。ランキングが上がって訪問者が増えてから再開予定

民法に限らず、民事執行法等も含め、この先予定されている会社法や司法書士法に関連する改正点は、令和2年度の出題予想に必要な範囲で番外編でご紹介していきます。

記事の更新ガンバレ
応援クリックお願い致します
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

●TACのホームページでもブログを書いています。
 受験と実務をつなげるブログです。ぜひ。

●受講生時代のブログも残っています。

スポンサーサイト



2020-09-16 (Wed)

本試験直前 残り10日間の過ごし方~7つのアドバイス

TACブログ、更新しています。法律資格合格応援サイトhttps://houritsu.tac-school.co.jp/blog/shisho.html第26回 「本試験直前 残り10日間の過ごし方~7つのアドバイス」本試験まで残り約10日です。悔いが残らないよう、全力で頑張って行きましょう!ぜひ、TACブログの方もお読み下さい!応援クリックお願い致します。更新の励みにもなりますにほんブログ村●TACのホームページでもブログを書いています。 受験...

… 続きを読む

TACブログ、更新しています。




本試験まで残り約10日です。

悔いが残らないよう、全力で頑張って行きましょう!

ぜひ、TACブログの方もお読み下さい!


応援クリックお願い致します。更新の励みにもなります

●TACのホームページでもブログを書いています。
 受験と実務をつなげるブログです。ぜひ。

●受講生時代のブログも残っています。

2020-09-12 (Sat)

9月12日 本日は…

今日は、僕の誕生日です(笑)この年になって、今さら「おめでとう~!」なんてことはないのですが、子供たちから、お手紙?をもらいました。まずは、上のお姉ちゃん。これが表紙になっていて…表紙の絵は、「鬼滅の刃」の主人公、竈門炭治郎(かまど たんじろう)と、竈門禰豆子(かまど ねずこ)らしいです。ただ、僕は、この漫画をよく知らないですし主人公のこともよく分かってません。なぜ、このチョイスなんだろう…(笑)中を開くと…...

… 続きを読む

今日は、僕の誕生日です(笑)

この年になって、今さら「おめでとう~!」なんてことはないのですが、子供たちから、お手紙?をもらいました。

まずは、上のお姉ちゃん。

これが表紙になっていて…


表紙

表紙の絵は、「鬼滅の刃」の主人公、竈門炭治郎(かまど たんじろう)と、竈門禰豆子(かまど ねずこ)らしいです。

ただ、僕は、この漫画をよく知らないですし主人公のこともよく分かってません。

なぜ、このチョイスなんだろう…(笑)

中を開くと…

こんな感じに。

中開き


実は、真ん中のピカチュウは、”飛び出す絵本”風になっています。





いやぁ~素晴らしい!

ドラえもんと恐竜は、この前、映画を観に行ったので、その影響ですね(笑)


そして、こちらは、妹ちゃんのお手紙。


1ページ

う~ん…抽象絵画の画家のようです(笑)

年長さんになって、字もしっかり書けるようになってきました。

2ページ


「ょ」が、ちっちゃ!(笑)


もちろん、妻からも…。





ということで、幸せのおすそ分けの記事でした(笑)


応援クリックお願い致します。更新の励みにもなります
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

●TACのホームページでもブログを書いています。
 受験と実務をつなげるブログです。ぜひ。

●受講生時代のブログも残っています。
2020-09-11 (Fri)

未出の過去問(その20)午前H13-16-イ ※同趣旨の出題 S60-2-オ

本日の「未出の過去問」です。「未出の過去問」未出の過去問とは、過去問出題後において、条文・判例等の変更により、過去問の正誤が変更されたにもかかわらず、その後、本試験で出題されていないものをいう。(主に、過去問の買い替えをケチってるエコな方にオススメの記事である。)カテゴリ「未出の過去問」の記事一覧https://maraya-shiho.fc2.net/blog-category-20.html今日の「未出の過去問」です。そろそろ、売主の担保責任...

… 続きを読む

本日の「未出の過去問」です。

「未出の過去問」
未出の過去問とは、過去問出題後において、条文・判例等の変更により、過去問の正誤が変更されたにもかかわらず、その後、本試験で出題されていないものをいう。
(主に、過去問の買い替えをケチってるエコな方にオススメの記事である。)



今日の「未出の過去問」です。

そろそろ、売主の担保責任も確認してみましょう。

売主の担保責任の出題可能性については、こちらをご覧ください。



昨年までは、売主の担保責任として、全部他人物だとか、一部他人物だとか、一部足りないとか、用益権がついているとか、抵当権がついてるとか、キズがあるだとか、買主が善意だとか、悪意だとか、とにかく、メンドクサイ感じのところでした。

ここが、かなりスッキリした感じです(笑)

今回の「未出の過去問」は、この「未出の過去問」とつなげて整理しておいた方がいいでしょう。




では、さっそく、「未出の過去問」を確認してみましょう。


【未出の過去問】(H13-16-イ)
売買の目的である土地の一部に他人が所有する土地が含まれていたことにより,買主が当該他人の土地を取得することができなかった場合においては,買主は,売買契約当時,当該土地の一部が他人の土地であることを知っていたときでも,売買契約を解除することができる。



………(考え中)………



では、正誤です。


【正誤】〇 (564条・542条1項3号)
買主は、善意、悪意問わず、解除できる


さて、今回は、改正の影響を受けた条文を確認しておきましょう。

改正前は、契約が解除できるのは、善意の買主に限定されていました。

消えた条文の確認です。

【消えた条文】(旧563条1項・2項)
(権利の一部が他人に属する場合における売主の担保責任)
旧第563条 売買の目的である権利の一部が他人に属することにより、売主がこれを買主に移転することができないときは、買主は、その不足する部分の割合に応じて代金の減額を請求することができる。
2 前項の場合において、残存する部分のみであれば買主がこれを買い受けなかったときは、善意の買主は、契約の解除をすることができる


うん、懐かしいですね(笑)

昔は、解除するには、買主の善意が前提だったので「×」だったわけです。

ところが、この買主善意の限定がなくなりました。

なので、「〇」に解答が変更。

こちらが改正後の条文。


【根拠条文・判例等】(564条・542条1項3号)
(買主の損害賠償請求及び解除権の行使)
第564条 前二条の規定は、第415条の規定による損害賠償の請求並びに第541条及び第542条の規定による解除権の行使を妨げない。


(催告によらない解除)
第542条 次に掲げる場合には、債権者は、前条の催告をすることなく、直ちに契約の解除をすることができる。
一 債務の全部の履行が不能であるとき。
二 債務者がその債務の全部の履行を拒絶する意思を明確に表示したとき。
三 債務の一部の履行が不能である場合又は債務者がその債務の一部の履行を拒絶する意思を明確に表示した場合において、残存する部分のみでは契約をした目的を達することができないとき。
(以下、省略)


ちなみに、562条は「買主の追完請求権」の規定、563条は 「買主の代金減額請求権」の規定です。

いずれも重要な条文です。

 「買主の代金減額請求権」が、買主が相当の期間を定めて履行の追完の催告をし、その期間内に履行の追完がない場合にできることに注意をしながら、確認しておきましょう。


では、最後に、同趣旨の出題です。

こちらは、用益権がついている場面。

買主の善意の要件がなくなりました。


【同趣旨の出題

売買契約締結当時,すでに売主が家屋を第三者に賃貸して引き渡していた場合において,買主がその事実を知らず,かつ,それによって契約を締結した目的を達成することができないときは,買主は,売買契約を解除することができる。(S60-2-オ)


売主の担保責任は、ガラッと雰囲気が変わった部分なので、しっかりと確認しておきましょう。

では、また次の「未出の過去問」でお会いしましょう!


応援クリックお願い致します。更新の励みにもなります
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

●TACのホームページでもブログを書いています。
 受験と実務をつなげるブログです。ぜひ。

●受講生時代のブログも残っています。
2020-09-08 (Tue)

未出の過去問(その19)午前H28-17-ア ※同趣旨の出題 多数(笑)

本日の「未出の過去問」です。「未出の過去問」未出の過去問とは、過去問出題後において、条文・判例等の変更により、過去問の正誤が変更されたにもかかわらず、その後、本試験で出題されていないものをいう。(主に、過去問の買い替えをケチってるエコな方にオススメの記事である。)カテゴリ「未出の過去問」の記事一覧https://maraya-shiho.fc2.net/blog-category-20.html今日の「未出の過去問」です。今回は、連帯債務の絶対効...

… 続きを読む

本日の「未出の過去問」です。

「未出の過去問」
未出の過去問とは、過去問出題後において、条文・判例等の変更により、過去問の正誤が変更されたにもかかわらず、その後、本試験で出題されていないものをいう。
(主に、過去問の買い替えをケチってるエコな方にオススメの記事である。)



今日の「未出の過去問」です。

今回は、連帯債務の絶対効、相対効の問題です。

絶対効、相対効の効果は、大きく改正が入っているところなので、もう準備はバッチリだと思います。

連帯債務の出題は、連帯保証の内容との比較問題として、連帯保証を引っ張ってくることが多いので、出題の傾向については、こちらの記事を参照して、本試験の準備に備えて下さい。




また、特に連帯保証人の絶対効、相対効については、実務上も注意が必要です。

その注意点については、こちらのTACブログの記事をお読みいただけたらと思います。



では、さっそく、「未出の過去問」を確認してみましょう。


【未出の過去問】(H28-17-ア)
連帯債務者の一人に対して履行の請求をした場合には,他の連帯債務者に対しても,消滅時効の完成猶予の効力を生ずる。また,主たる債務者に対して履行の請求をした場合には,連帯保証人に対しても,消滅時効の完成猶予の効力を生ずる。



………(考え中)………



では、正誤です。


【正誤】× 
連帯債務者の1人に対する請求は、他の連帯債務者に効力を生じないので、前半が「×」
後半の、主たる債務者に対する請求は、保証人に対して生じるので「〇」


さて、今回は、改正の影響を受けた部分を確認しておきましょう。

連帯債務について変更があった部分(改正によって相対効となったもの)

請 求
免 除
時 効

いずれも、絶対効から相対効に変更です。

また、相殺については、他の連帯債務者が反対債権を持っている場合、他の連帯債務者は、他人の債権で勝手に負担部分と言えども相殺することができず、抗弁権を有するだけになりました。

以上に対して、更改、相殺(ただし、他人の債権で相殺はできないことに注意)、混同は、絶対効です。


ついでに、連帯保証のケースも確認しておきましょう。

連帯保証について変更があった部分(改正によって相対効となったもの)

請 求

絶対効から相対効に変更です。

つまり、連帯保証人について生じた事由によって、主たる債務者に及ぶことはありません。

これに対して、更改、相殺(ただし、他人の債権で相殺はできないことに注意)、混同は、絶対効です。

もちろん、連帯債務も、連帯保証も、弁済(供託、代物弁済)のように債務を消滅させるようなものは、他の連帯債務者、主たる債務者に生じるのは当然なので絶対効です。そのあたりはテキストで確認しておきましょう。

また、反対に、主たる債務者に生じた事由は、主たる債務者がした時効の利益の放棄を除いて、連帯保証人に生じるので、連帯保証の場合には、「連帯保証人→主たる債務者」の話なのか、「主たる債務者→連帯保証人」の話なのか、しっかり区別しましょう。


では、最後に、同趣旨の出題です。

改正の影響に合わせて、3つに分類しています。それぞれの出題を確認してもらえたらと思います。

請 求 系
免 除 系
時 効 系



【同趣旨の出題 請 求 系

A及びBがCに対して100万円の連帯債務を負担している場合に,CがAのみに対して100万円の債務全額の支払について裁判上の請求をしたときは,その請求は,Bとの関係では,消滅時効の完成猶予の効力を有しない。H21-16-オ

債権者が連帯債務者の一人に対して債務の履行を適法に裁判上請求した場合には,他の連帯債務者との関係でも消滅時効の完成猶予の効力を生ずる。(H19-19-ウ)

A,B及びCは,Dに対して連帯して金1,000万円の貸金債務を負っており,それぞれの負担部分が,A及びBは500万円,Cはゼロである場合に関して,DがCに対して債務の履行を請求しても,DのA及びBに対する債権の消滅時効の完成猶予の効力は生じない。(H4-4-イ)


【同趣旨の出題 免 除 系

債権者Aに対してB,C及びDの3名が30万円を支払うことを内容とする連帯債務を負い,その負担部分がそれぞれ等しいという事例に関して,AがBに対して債務の免除をしたときは,Aは,Cに対し,20万円の限度で連帯債務の履行を請求することができる。(H25-16-ア)

B,C及びDは,Aに対し,600万円の連帯債務を負っている。AがDの債務全額を免除した。BのAに対する債務の額は400万円である。なお,連帯債務における債務者の負担部分は,平等の割合であるものとする。(H15-18-イ)

債権者が連帯債務者の1人に対して債務を免除した場合には,他の債務者は,その債務者の負担部分について債務を免れるが,債権者が連帯保証人の1人に対して債務を免除した場合には,主たる債務者は,何ら債務を免れない。(H6-1-ウ)

A,B及びCは,Dに対して連帯して金1,000万円の貸金債務を負っており,それぞれの負担部分が,A及びBは500万円,Cはゼロである場合に関して,DがAに対して債務の全額を免除した場合でも,Cは,Dからの債務の全額の請求に応じなければならない。(H4-4-エ)

甲が乙に対し債務を免除した場合には,その免除は,乙の負担部分について,丙及び丁の利益のために効力を生ずる。なお,債権者を甲,連帯債務者を乙,丙,丁とする。(H元-14-オ)


【同趣旨の出題 時 効 系

債権者Aに対してB,C及びDの3名が30万円を支払うことを内容とする連帯債務を負い,その負担部分がそれぞれ等しいという事例に関して,Bのために消滅時効が完成したときであっても,Aは,Cに対し,30万円全額について連帯債務の履行を請求することができる。(H25-16-オ)

連帯債務者であるA・Bの法律行為と,連帯保証でない保証における主たる債務者Cと保証人Dの法律関係との異同に関して,Aの債務の消滅時効が完成した場合にBが時効を援用すると,Bは,Aの負担部分についてのみ債務を免れることができるが,Cの債務の消滅時効が完成した場合にDが時効を援用すれば,Dは自らの債務を全部免れることができる。(H10-7-イ)



では、また次の「未出の過去問」でお会いしましょう!

応援クリックお願い致します。更新の励みにもなります
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

●TACのホームページでもブログを書いています。
 受験と実務をつなげるブログです。ぜひ。

●受講生時代のブログも残っています。
2020-09-02 (Wed)

(パブコメ)会社法の改正に伴う法務省関係政令及び会社法施行規則等の改正に関する意見募集

パブコメの中で、改正法の施行日(予定)が発表されています。会社法の改正に伴う法務省関係政令及び会社法施行規則等の改正に関する意見募集https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=300080224&Mode=0会社法の改正については、来年の試験に影響があるので、また、ブログでも記事にして行こうと思います。応援クリックお願い致します。更新の励みにもなりますにほんブログ村●TACのホーム...

… 続きを読む

パブコメの中で、改正法の施行日(予定)が発表されています。


会社法の改正については、来年の試験に影響があるので、また、ブログでも記事にして行こうと思います。

応援クリックお願い致します。更新の励みにもなります
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

●TACのホームページでもブログを書いています。
 受験と実務をつなげるブログです。ぜひ。

●受講生時代のブログも残っています。
2020-09-01 (Tue)

何か良い解決策はありますか?(解答編)

ホント、更新がグダグダですみません。仕事でバタバタでしたが、9月は、個人的に、法務局の勤務が夏季特別休暇に入るので、もう少し、更新を頑張ろうと思います。ただ、この前の日曜日に気づいたのですが、週末のカブトムシブリーダーの記事ですが…ここから日曜日は、中上級講座の講義がスタートするので、のんきにカブトムシの写真を撮ってる場合じゃないですね(笑)ということで、カブトムシブリーダーの記事は、土曜日に移行す...

… 続きを読む

ホント、更新がグダグダですみません。

仕事でバタバタでしたが、9月は、個人的に、法務局の勤務が夏季特別休暇に入るので、もう少し、更新を頑張ろうと思います。

ただ、この前の日曜日に気づいたのですが、週末のカブトムシブリーダーの記事ですが…

ここから日曜日は、中上級講座の講義がスタートするので、のんきにカブトムシの写真を撮ってる場合じゃないですね(笑)

ということで、カブトムシブリーダーの記事は、土曜日に移行する予定。

まだ、やるんかいっ!って感じですね(笑)


さて、本日は、TACブログが更新です。


第25回 「イメージトレーニングは争続?妻も大切。子供も大切。でも…。」


記事的には、こちらの記事の解答編になります。



なかなか難しい問題だと思いますが、配偶者居住権の登記のひとつの利用方法としてお読みいただけたらと思います。


応援クリックお願い致します。更新の励みにもなります
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

●TACのホームページでもブログを書いています。
 受験と実務をつなげるブログです。ぜひ。

●受講生時代のブログも残っています。
2020-08-31 (Mon)

令和2年度司法書士試験の出願状況について

応援クリックお願い致します。更新の励みにもなりますにほんブログ村●TACのホームページでもブログを書いています。 受験と実務をつなげるブログです。ぜひ。 →TAC法律資格合格応援ブログ 司法書士●受講生時代のブログも残っています。 →まらやの司法書士合格ブログ...

… 続きを読む

応援クリックお願い致します。更新の励みにもなります

●TACのホームページでもブログを書いています。
 受験と実務をつなげるブログです。ぜひ。

●受講生時代のブログも残っています。
2020-08-28 (Fri)

未出の過去問(その18)午前H25-17-イ・ウ

本日の「未出の過去問」です。「未出の過去問」未出の過去問とは、過去問出題後において、条文・判例等の変更により、過去問の正誤が変更されたにもかかわらず、その後、本試験で出題されていないものをいう。(主に、過去問の買い替えをケチってるエコな方にオススメの記事である。)カテゴリ「未出の過去問」の記事一覧https://maraya-shiho.fc2.net/blog-category-20.html「474条の改正も、「未出の過去問」がありますので、...

… 続きを読む

本日の「未出の過去問」です。

「未出の過去問」
未出の過去問とは、過去問出題後において、条文・判例等の変更により、過去問の正誤が変更されたにもかかわらず、その後、本試験で出題されていないものをいう。
(主に、過去問の買い替えをケチってるエコな方にオススメの記事である。)



「474条の改正も、「未出の過去問」がありますので、次回、ご紹介していきたいと思います。」

な~んて書いてから、バタバタで、なかなか次の更新ができませんでした。

記事的には、こちらの記事の続きになります。


ここのところ、司法書士の講義や、宅建士の講義、実務や、法務局の勤務等の仕事が立て込んで、なかなか記事が更新できませんでした。

なんとか、月末までの処理の見通しがついたので(たぶん…笑)、「未出の過去問」の続きを見てみましょう。

では、お待たせしました!久しぶりに、「未出の過去問」です。



【未出の過去問】
弁済するについて正当な利益を有する者ではない第三者が債務者の意思に反してした弁済は,債権者がそのことを知らずに受領した場合であっても,その効力を有しない。(H25-17-イ)

弁済するについて正当な利益を有する者ではない第三者の弁済が債務者の意思に反しない場合には,債権者は,その弁済の受領を拒むことができない。(H25-17-ウ)



………(考え中)………



では、正誤です。


【正誤】 イ(×)、ウ(×)
イについて 債権者が債務者の意思に反することを知らないので有効
ウについて 債権者は弁済の受領を拒める


さて、予告通り、474条の問題です。

改正474条は、旧法が2項で「利害関係を有しない第三者は、債務者の意思に反して弁済をすることができない。」としていた部分のルールを、大きく変更しています。

また、「利害関係を有しない第三者」という表現も、法定代位の500条の条文にある「弁済をするについて正当な利益を有する者でない第三者」という表現と一致させました。

500条の改正については、こちらの記事で確認して下さい。

では、旧474条を確認して、昔の正誤を確認してから、改正後の条文のルールを確認して行きましょう。


【変更された条文】(旧474条)
(第三者の弁済)
第474条 債務の弁済は、第三者もすることができる。ただし、その債務の性質がこれを許さないとき、又は当事者が反対の意思を表示したときは、この限りでない。
2 利害関係を有しない第三者は、債務者の意思に反して弁済をすることができない。


旧474条2項は、「利害関係を有しない第三者は、債務者の意思に反して弁済をすることができない。」と書いちゃっています。

なので、イの肢は、債務者の意思に反している以上、弁済としての効力が生じないことになり、正誤は「〇」になります。

また、ウの肢は、債務者の意思に反しているのであれば、弁済の受領を拒めるでしょうが、設問では、債務者の意思に反していないと書かれているので、弁済の受領を拒めません。よって、正誤は「〇」になります。


ところが、このルールが大きく変わりました。

では、先に条文を確認してみましょう。


【根拠条文・判例等】(新474条)
(第三者の弁済)
第474条 債務の弁済は、第三者もすることができる。
2 弁済をするについて正当な利益を有する者でない第三者は、債務者の意思に反して弁済をすることができない。ただし、債務者の意思に反することを債権者が知らなかったときは、この限りでない。
3 前項に規定する第三者は、債権者の意思に反して弁済をすることができない。ただし、その第三者が債務者の委託を受けて弁済をする場合において、そのことを債権者が知っていたときは、この限りでない。
4 前三項の規定は、その債務の性質が第三者の弁済を許さないとき、又は当事者が第三者の弁済を禁止し、若しくは制限する旨の意思表示をしたときは、適用しない。


1項は、前とほぼ同じ。3項、4項が新設されていますね。

ここで、注目は、2項と3項のルールです。

まず、「債務者」側の話なのか、「債権者」側の話なのか、条文を読み間違えないようにしましょう。

まずは、2項の解説から。もう一度、2項を「債務者」、「債権者」という言葉に注意しながら読んでみましょう。債務者を赤文字債権者を青文字で分けてみます。

弁済をするについて正当な利益を有する者でない第三者は、債務者の意思に反して弁済をすることができない。ただし、債務者の意思に反することを債権者が知らなかったときは、この限りでない。


簡単にまとめると、

正当な利益を有しない第三者の弁済が、債務者の意思に反する場合

①原則、無効

債権者が知らないのであれば、有効


こんな感じですね。

例えば、バカ息子の借金をオカン(※)が返すようなケースで、バカ息子が嫌がっていることを借金取りが知らないのであれば、受け取ってOKってイメージですね。※大阪の方言 母

なので、イの肢は、債権者が知らないわけですから弁済が有効になって、正誤は「×」に変更されます。


では、次に3項の解説です。同じように、「債務者」、「債権者」の言葉に注意しながら、読んでみましょう。

前項に規定する第三者は、債権者の意思に反して弁済をすることができない。ただし、その第三者が債務者の委託を受けて弁済をする場合において、そのことを債権者が知っていたときは、この限りでない。


さて、こちらも簡単にまとめると、

正当な利益を有しない第三者の弁済が、債権者の意思に反する場合

①原則、無効

②債務者の委託を受けていることを、債権者が知っているのであれば、有効

このようなルールになります。

例えば、バカ息子の借金をオカンが委託を受けて返すようなケースで、借金取りが、オカンがバカ息子の委託を受けて来ていることを知ってるのであれば、弁済が有効ってイメージですね。

ただ、この3項は、債権者が受領しないことができるという原則に意味があります。

つまり、客観的に、「正当な利益を有していない第三者」であれば、債務者の意思に反するかどうかが確認できない場合に、受け取りを拒否できることに意味があります。

なので、ウの肢は、債権者は、「正当な利益を有していない第三者」の弁済であれば、拒否れるのが原則です。よって、正誤は「×」になります。


「債務者」だの、「債権者」だの、条文がややこしくなっているので、キッチリ整理しておきましょう!

では、また次の「未出の過去問」でお会いしましょう!


【同趣旨の出題】

なし


応援クリックお願い致します。更新の励みにもなります
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

●TACのホームページでもブログを書いています。
 受験と実務をつなげるブログです。ぜひ。

●受講生時代のブログも残っています。
2020-08-26 (Wed)

【開講日まで固定】中上級講座「択一式対策講座〔理論編〕」開講のお知らせ

まだ、本試験まで1か月以上あるのに、中上級講座の開講のお知らせになります。基礎総合コースとの関係上、中上級講座が本試験に先行して8月26日から開講するので、お知らせさせて下さい。もう10年近く中上級講座を担当させて頂いておりますが、今年は3つ変更点があります。変更点 その1教室講座が、なんば校から、梅田校での開講に変更されます。変更点 その2今年は変則的な試験日程のため、中上級講座の開講日程が、8...

… 続きを読む

まだ、本試験まで1か月以上あるのに、中上級講座の開講のお知らせになります。

基礎総合コースとの関係上、中上級講座が本試験に先行して8月26日から開講するので、お知らせさせて下さい。

もう10年近く中上級講座を担当させて頂いておりますが、今年は3つ変更点があります


変更点 その1

教室講座が、なんば校から、梅田校での開講に変更されます。


変更点 その2

今年は変則的な試験日程のため、中上級講座の開講日程が、8月26日(水)開講の通常クラスと、10月21日(水)開講の速修クラスの2本立てになります。

【択一式対策講座〔理論編〕】8月開講クラス
8月26日(水)18:30~ 梅田校

【択一式対策講座〔理論編〕】10月開講クラス
10月21日(水)18:30~ 梅田校


変更点 その3

例年、7月、8月に実施していた本試験分析会、中上級講座のセミナーが、10月に実施される予定です。

あくまで仮の予定ですが、下記の日程で調整中です。正式な日程が決定しましたら、ブログで告知させて頂きます。

2020年度本試験分析&2021年度本試験攻略法 ※予定
10月4日(日)14:00~16:00 梅田校

近時の改正法対策&中上級者のための合格の方法論 ※予定
10月18日(日)14:00~16:00 梅田校

記述式対策講座 体験講義 ※予定
11月3日(日)14:00~15:30 梅田校

「択一式対策講座【実践編】」体験講義 ※予定
1月9日(土)11:00~12:30 梅田校


ワイド体験講義

8月開講クラスの最初の3回が無料体験となっています。

時効等の改正内容を含む、民法の総則の論点をつぶしていくので、本試験前の最終確認で総則3問を取りこぼさないように体験講義を利用して頂いても大丈夫です。

お時間があれば、ぜひ、ご参加下さい。

 第1回ワイド体験講義
8/26(水) 18:30 
2021年合格目標 中上級「択一式対策講座〔理論編〕」 民法1①

 第2回ワイド体験講義
8/30(日) 10:00
2021年合格目標 中上級「択一式対策講座〔理論編〕」 民法②

 第3回ワイド体験講義
8/30(日) 14:00
2021年合格目標 中上級「択一式対策講座〔理論編〕」 民法③


応援クリックお願い致します。更新の励みにもなります
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

●TACのホームページでもブログを書いています。
 受験と実務をつなげるブログです。ぜひ。

●受講生時代のブログも残っています。