続 まらやの司法書士合格ブログ~宅建ネタも

Top Page › 令和3年度本試験 雑感 › かぶってる?
2021-07-07 (Wed) 09:30

かぶってる?

午前の問題の民法13問です。

「エ」が、軸になっています。

「エ」は、未出の判例ですよね。

だから、最初に手を出したらダメです(笑)

でも、僕は、「エ」を解いて、次に「オ」を解いて、終わっています。

僕は、藤木君ばりに卑怯者です(笑)

あっ、僕は講義の中で、「◎」をつけないように言います。

本試験では、「○」か、「×」か、「↓」しか、打たないこと!って言ってます。

問題を解く場合には、知ってるか、知らないか、の2択です。

知っているなら、「○か×」

で、知らないなら「↓」でトバス。

「なんとなく知っているかも…」なんて感情はイラナイです。

自信があるから「◎」にしたり、自信がないから「○?」したり、

めっちゃ自信があるからって、「大きな○」にすることに何の意味もありません(笑)

ここで、「オ」が「◎」になっているのは、後で見直したときに、「エ」の次に「ウ」ではなく、「オ」の判断をしたことを残すためです。

僕が後で本試験で解いた順番が分かるように、記号をちょっと増やしています。

ただ、今回の本試験で、1問だけ「○?」とか、情けない記号をつけている問題があります。

見たいですか?(笑)

気が向いたら、また、アップします(笑)

さて、本題に戻ります。

この問題は、未出の判例ということで、準備していたので「エ」から解いています。

なぜ、準備していたか?

それは…

この前紹介した、「未出特化問題集」にあったのを知ってたから(笑)

ほら。

後順位からの抹消


あっ、画像が消えていたら、著作権の関係で、予備校に怒られて、消したパターンだと思って下さい(笑)

で、どうでもいいんですが、

午後の不動産登記法の問題の第21問も同じじゃね?って感じです。

これも「ア」から解いちゃいますよね。

かぶってる?





ちなみに、午後の択一の問題は、記述の解答例を作成する必要があったので、

基本的には、2肢くらいしか見てません。

この問題で、「エ」に鉛筆の跡が残っていますが、途中で読むのをやめているパターンです。

午後は2肢、検討しても3肢で答えを出していかないと、記述の問題を解く時間がなくなると思って下さい。

このあたりも、中上級講座で説明している解法の一つになります。

イベント情報

 令和3年度本試験分析セミナー
7月11日(日) 14:00~16:00
TAC梅田校

 中上級者のための合格の方法論
8月29日(日) 14:00~15:30
TAC梅田校


応援クリックお願い致します。更新の励みにもなります
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

●TACのホームページでもブログを書いています。
 受験と実務をつなげるブログです。ぜひ。

●受講生時代のブログも残っています。

スポンサーサイト



最終更新日 : 2021-07-07