続 まらやの司法書士合格ブログ~宅建ネタも

Top Page › 実務のお話(法人登記) › おかしな役員変更~問題編
2024-02-28 (Wed) 10:06

おかしな役員変更~問題編

受験生は気づかない!?司法書士なら気づく!?おかしな役員変更です。

みなさんは気づきますか?

【問題編 事実関係】
依頼者Bがみなさんの事務所を訪れました。役員の抜粋は下記の通り。いずれも任期中とします。

取締役 A
取締役 B
取締役 C
代表取締役 A
監査役 D
取締役会設置会社
監査役設置会社

依頼者Bの話は下記の通り。

①代表取締役である父Aが死亡したので、死亡の登記をして欲しい。
②取締役会は廃止するつもりはないので、新しく取締役Eを追加して、代表取締役はにして欲しい。

さて、依頼者B に対して、みなさんはどのような説明をしますか?

実際に司法書士の説明を見てみましょう。

【問題編 司法書士の説明】
では、さっそく臨時株主総会で新しく取締役Eを追加で選びましょう。そして、その後、取締役会を開催して代表取締役としてBを選びましょう。

さて、みなさんは気づきましたか?この違和感に…。

少なくとも登記官にツッコまれる(正しくは、ツッコまれた。笑)おかしな部分があります。

解答編は後ほど(笑)


応援クリックお願い致します。更新の励みにもなります
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

●受講生時代のブログも残っています。

スポンサーサイト



最終更新日 : 2024-02-28