続 まらやの司法書士合格ブログ~宅建ネタも

2024-03-03 (Sun)

令和6年馬券的出題予想~民法物権

【前提の注意事項】~最初にお読み下さい。あくまで僕の個人的な分析です。本試験での出題を保証するものではありません。モチベーションアップの目的のために”のみ”ご利用ください(笑)僕は馬券師です。従って、本文には競馬用語が使用されることがあります。◎(本命)、〇(対抗)、▲(単穴)、△(連下)等、生活上欠かせない基本的な競馬用語は、各自でご確認下さい(笑)*************************...

… 続きを読む

【前提の注意事項】~最初にお読み下さい。
あくまで僕の個人的な分析です。本試験での出題を保証するものではありません。モチベーションアップの目的のために”のみ”ご利用ください(笑)

僕は馬券師です。従って、本文には競馬用語が使用されることがあります。
◎(本命)、〇(対抗)、▲(単穴)、△(連下)等、生活上欠かせない基本的な競馬用語は、各自でご確認下さい(笑)

***************************************

今日は「民法の物権」の予想になります!

【過去のリンク】

まずは、令和2年の出走馬を確認してみましょう!

(令和2年度の出題 民法物権)
不動産の物権変動・占有・相隣関係・共有の法律関係

めっちゃ、普通のメンバー(笑)

ほぼ、固定メンバーって感じ。このまま予想でもいいかも(笑)

でも、それだと面白くないので、とりあえず、

前回の民法総則と同様、令和5年に出走した消し馬作業。

まず、所有権の取得(添付・加工・付合)は、キレイに4年のサイクル(H31→R5)で出走してくれましたね。

これは、完全に消して大丈夫でしょう!

公道に至るための他の土地の通行権も、「H21→H26→H30→R5」と、4~5レース間隔で出走してくるので、消し!

でも、共有は、「H30→H31→R2→R5」と、連闘がありえるので、消せないですね。

むしろ、共有は、改正が絡んでいるので、確認を怠ったらいけない部分です。

共有の改正部分は大丈夫でしょうか?ちょっとチェックボックスを作っておくので確認してみて下さい。

物権法の改正事項チェック
□ 隣地使用権
□ 継続的給付を受けるための設備の設置権等
□ 隣地の竹木の枝が境界線を越えるとき
□ 共有物の使用
□ 共有物の変更
□ 共有物の管理
□ 所在等不明共有者がいる場合の共有物の変更及び管理
□ 賛否不明共有者がいる場合の共有物の管理
□ 共有物の管理者
□ 裁判による共有物の分割
□ 所在等不明共有者の不動産の持分の取得及び譲渡
□ 所有者不明土地管理命令及び所有者不明建物管理命令
□ 管理不全土地管理命令及び管理不全建物管理命令

で、令和5年出走メンバーの中で、「上がり馬」と言えば、

そう!「不動産の物権変動の全般問題」

昔は、「解除と登記」、「取消しと登記」、「取得時効と登記」、「相続と登記」というような「○○と登記シリーズ」で単発で出走していたお馬さんも、

今では、「177条の第三者」も絡めながら、全般問題で走ってくるのが定着しました。

令和2年、令和3年、令和4年、令和5年と、全般問題で出題された傾向は今年もカタいでしょう!

もう、まさに「夏の上がり馬」って感じ。安心して軸にできます。

一時期、連勝を重ねていた「物権的請求権」も不気味ですが…。

「H24→H26→H29→H30→R3(土地の所有権又は賃借権に基づく請求権)」と、

ここに来て、凡走していますね。

一方、連闘が続いて疲れが見えていた「占有」が休み明け、元気いっぱいで走りそう!

「H28(動産の占有権)→H29(占有回収の訴)→H31(占有権の効力)→R2(全般)→R3(占有訴権)」のレース傾向からすると、令和2年の全般問題が「買い」か?

休み明けのお馬さんで儲けろ!これは鉄則です(笑)しっかり準備しましょう!

占有と言えば、即時取得も気になりますが、

「H17→H20→H25→H28→H30→(H31-9-肢エ・オ)→R4」で、

「H30→ R4」の出走サイクルとみれば、メインではなく、設問の1つとして準備が妥当か?

相隣関係も、「H23→H30→R2」で改正もあって掲示板に入ってきそうですが、

令和5年に「公道に至るための他の土地の通行権」が出てため、ちょっとキツいか?

そして、令和5年に出走しなかった用益権が気になるところ。

地上権(単発)が、「H28→→R4」

地役権(単発)が、「H27→H30」

地上権と地役権の比較が、「H29(地上権又は地役権)→R3(地上権又は地役権)」

比較問題としては4年サイクルで出走しているので、単発が狙い目か?

ここはしばらく出走間隔があいている「地役権」が勝ち負けか!?

ということで、まとめ。

【馬券師まらやのまとめ】
◎ 不動産の物権変動(全般問題)
〇 共有
▲ 地役権(単発)
△ 占有(全般問題)
△ 物権的請求権

馬券的には、「◎」からの馬単で大丈夫でしょう。

さて、信じるか、信じないかは、あなた次第です(笑)

応援クリックお願い致します。更新の励みにもなります
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

●受講生時代のブログも残っています。

2024-03-01 (Fri)

おかしな役員変更~問題の所在編

さて、前回の「おかしな役員変更~問題編」の問題の所在編です。問題の所在編!?解答編じゃないの?って感じですね(笑)実は僕が解答が分かってないので、みなさんも一緒に解答を考えて下さい。みなさんは、違和感に気づきましたか?僕は登記官に指摘されるまで、何も気づいてないというか、考えてもいないことでした(笑)では、問題の所在編を確認してみましょう。択一風に…(笑)第1問 次の対話は、おかしな役員変更に関す...

… 続きを読む

さて、前回の「おかしな役員変更~問題編」の問題の所在編です。

問題の所在編!?解答編じゃないの?って感じですね(笑)

実は僕が解答が分かってないので、みなさんも一緒に解答を考えて下さい。

みなさんは、違和感に気づきましたか?

僕は登記官に指摘されるまで、何も気づいてないというか、考えてもいないことでした(笑)

では、問題の所在編を確認してみましょう。択一風に…(笑)

第1問 次の対話は、おかしな役員変更に関する登記官と司法書士との対話である。登記官の質問に対する司法書士の解答のうち、司法書士が焦っているものは、いくつあるか。

登記官: 代表取締役が死んだんだよね?この臨時株主総会って、誰が招集したの?
司法書士:ア いやいや…。そもそも臨時株主総会なんか、議事録作っただけで、開催してないし…(汗)
登記官: 代表取締役が死んでると、株主総会が開けないことは、ない?誰が、集めたの?
司法書士:イ 会社法296条3項に、「株主総会は、取締役が招集する。」ってあるので、他の取締役が集めたんじゃないですかね?ホントは、開催してないけど…(汗)
登記官: 取締役会があるから、代表取締役が株主総会を招集するんじゃないの?
司法書士:ウ えっ、そうなんですか…?各取締役って授業で習ったような…(汗)
登記官: この判例(最判昭45年8月20日)、知ってる?読んでみて。
 取締役会の決議を経ることなく、代表取締役以外の取締役によって招集された株主総会は法律上の意義における株主総会とはいえず、そこで決議がなされたとしても、株主総会の決議があっったものと解することはできない。
司法書士:エ どういゆうことですか、これ…(汗)
登記官: 株主総会はね、代表取締役が取締役会の決議に基づいて招集するってことだよ。で、この臨時株主総会は誰が招集したの?代表取締役がいないタイミングで開催しているよね。
司法書士:オ ………(心の中で、僕が勝手に招集しました)(汗)

[解答] 全部焦っている。

さて、判例のリンク先は、こちらです。


まぁ、この場合は、先に取締役会で代表取締役Bを決めて、その代表取締役Bが株主総会を招集したんだ!って時間的な先後レベルで終わるんですが、

問題は、取締役が1人しかいない場合の話です。

実際の事案はこれでした。

【問題編 実際の事実関係】
Aの相続人Bがみなさんの事務所を訪れました。役員の抜粋は下記の通り。いずれも任期中とします。

取締役 A
代表取締役 A
非取締役会設置会社

さぁ、誰が株主総会を招集します?(笑)

判例は取締役会設置会社ですが、今回は非設置会社。

他の取締役もいない状態。

果たして、その後、どうなったのか!?

そして、解答編はあるのか!?(笑)

※一応、実話に基づいているので書いておきますが、意地悪な登記官さんではないです(笑)
いつも、いろいろと教えてくれて、お話ししていると、本当に勉強になる登記官さんです。


応援クリックお願い致します。更新の励みにもなります
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

●受講生時代のブログも残っています。

2024-02-29 (Thu)

令和6年馬券的出題予想~民法総則

では、「令和6年馬券的出題予想」を始めて行きましょう。今までなら、ほぼ的中させる自信はあったのですが、今年はどうでしょうか…(笑)【前提の注意事項】~最初にお読み下さい。あくまで僕の個人的な分析です。本試験での出題を保証するものではありません。モチベーションアップの目的のために”のみ”ご利用ください(笑)僕は馬券師です。従って、本文には競馬用語が使用されることがあります。◎(本命)、〇(対抗)、▲(単...

… 続きを読む

では、「令和6年馬券的出題予想」を始めて行きましょう。

今までなら、ほぼ的中させる自信はあったのですが、今年はどうでしょうか…(笑)

【前提の注意事項】~最初にお読み下さい。
あくまで僕の個人的な分析です。本試験での出題を保証するものではありません。モチベーションアップの目的のために”のみ”ご利用ください(笑)

僕は馬券師です。従って、本文には競馬用語が使用されることがあります。
◎(本命)、〇(対抗)、▲(単穴)、△(連下)等、生活上欠かせない基本的な競馬用語は、各自でご確認下さい(笑)

***************************************

今日は「民法の総則」の予想になります!

【過去のリンク】

前回の記事でも書いたとおり、4年前の出走馬には注意です!

まずは、令和2年の出題を確認してみましょう!

(令和2年度の出題 民法総則)
不在者の財産の管理及び失踪の宣告・無権代理と相続・条件と期限

なかなか、興味深いメンバーですね(笑)

そして次にする予想作業は、令和5年に出走した馬が、令和6年も連戦する可能性があるか?って消し馬の作業。

まず、意思表示が全般で出ていましたが、その内容はほぼ「詐欺・強迫」。

かろうじて肢オで通謀虚偽表示があるものの、「詐欺・強迫」と考えると、今までの実績として2年連続はなさそう。

むしろ、「H22(観念の通知等)→H23(詐欺・錯誤)→H24(到達等)」のように、意思表示を出すなら、到達のようなレア分野か!?

ただ、ココは思い切って消しましょう!(笑)

あと令和5年で出走したのは、「無権代理」と「後見・保佐・補助」。

「後見・保佐・補助」は消しでいいでしょう。

今まで連戦がありません(H9→H15→H19→H25→H29→R3(成年後見制度)→R5)。

問題は「無権代理」(笑)

本来であれば、無権代理が出たから次は「有権代理」で勝負したいところですが、

令和2年の出走が気になります(笑)

ここはピンポイントで、「無権代理と相続」を押さえて、解くときには、「追認拒絶してから死亡」の肢を軸にした方が得策っぽいですね。

令和2年の「不在者の財産管理・失踪宣告」は、ここ最近の出走サイクルを見ると、「H7→H14→H18→H22→R2」ですが、「不在者の財産管理(単発)」も入れると、

最近の出走が、「H28→R2」となって、4年サイクルにバシッとハマります。

これは狙い目か?

「条件・期限」も、「H14→H17→H21→H24→H31→R2」で伏兵としては十分に魅力あり!かならず押さえておかないといけないですね。

これに休み明けのお馬さん「時効」が来るはず!

出走間隔を見てみましょう。

援用権者が、「H9→H20→H24→H29」

時効の完成猶予・更新が、「H15→H18→H21→H25→H30→R4」

消滅時効の起算点が、「H11→H13→H16→H17→H19→H21→H26→H28→R3」

これを見る限り、「時効の完成猶予・更新」は全レースの疲れが残ってそう。4年周期も守っているし、馬券的には「見(ケン)」か?

えっ?「取得時効」がない!?

まぁ、取得時効は、「H27→H31」で、本来の令和5年に出走登録からもれていたので、故障でもしたのでしょう(笑)

ここは、休み明けで、気力が充実してそうな「援用権者」を押してみようと思います(笑)

ただ、最近の出走傾向を見る限りは、総合的な問題が出る傾向があるので、

「時効」も、援用権者や、更新・完成猶予、時効の起算点や取得時効が混ざった「時効全般問題」がでると考えた方がいいかもしれません。

ということで、まとめ。

【馬券師まらやのまとめ】
◎ 不在者の財産管理・失踪宣告
〇 時効全般問題
▲ 条件・期限
△ 無権代理と相続
△ 時効の援用権者
△ 消滅時効の起算点

馬券的なオススメは、「◎→○→▲」の3連単で。

さて、信じるか、信じないかは、あなた次第です(笑)

応援クリックお願い致します。更新の励みにもなります
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

●受講生時代のブログも残っています。

2024-02-28 (Wed)

おかしな役員変更~問題編

受験生は気づかない!?司法書士なら気づく!?おかしな役員変更です。みなさんは気づきますか?【問題編 事実関係】依頼者Bがみなさんの事務所を訪れました。役員の抜粋は下記の通り。いずれも任期中とします。取締役 A取締役 B取締役 C代表取締役 A監査役 D取締役会設置会社監査役設置会社依頼者Bの話は下記の通り。①代表取締役である父Aが死亡したので、死亡の登記をして欲しい。②取締役会は廃止するつもりはないので、新...

… 続きを読む

受験生は気づかない!?司法書士なら気づく!?おかしな役員変更です。

みなさんは気づきますか?

【問題編 事実関係】
依頼者Bがみなさんの事務所を訪れました。役員の抜粋は下記の通り。いずれも任期中とします。

取締役 A
取締役 B
取締役 C
代表取締役 A
監査役 D
取締役会設置会社
監査役設置会社

依頼者Bの話は下記の通り。

①代表取締役である父Aが死亡したので、死亡の登記をして欲しい。
②取締役会は廃止するつもりはないので、新しく取締役Eを追加して、代表取締役はにして欲しい。

さて、依頼者B に対して、みなさんはどのような説明をしますか?

実際に司法書士の説明を見てみましょう。

【問題編 司法書士の説明】
では、さっそく臨時株主総会で新しく取締役Eを追加で選びましょう。そして、その後、取締役会を開催して代表取締役としてBを選びましょう。

さて、みなさんは気づきましたか?この違和感に…。

少なくとも登記官にツッコまれる(正しくは、ツッコまれた。笑)おかしな部分があります。

解答編は後ほど(笑)


応援クリックお願い致します。更新の励みにもなります
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

●受講生時代のブログも残っています。

2024-02-28 (Wed)

広域交付制度

明後日から戸籍謄本等の広域交付がスタートですね。法務局の窓口でも、相続登記の手続きについて、この説明をする機会が増えてきたような気がします。まぁ、司法書士としては、あまり関係のない話なんですが…(笑)それにしても、法務省って、キツネが好きですよね(笑)個人的には、トウキツネの方がかわいいかな…。応援クリックお願い致します。更新の励みにもなりますにほんブログ村●受講生時代のブログも残っています。 →まら...

… 続きを読む

明後日から戸籍謄本等の広域交付がスタートですね。

法務局の窓口でも、相続登記の手続きについて、この説明をする機会が増えてきたような気がします。

まぁ、司法書士としては、あまり関係のない話なんですが…(笑)



それにしても、法務省って、キツネが好きですよね(笑)

個人的には、トウキツネの方がかわいいかな…。


応援クリックお願い致します。更新の励みにもなります
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

●受講生時代のブログも残っています。

2024-02-26 (Mon)

令和6年馬券的出題予想~プロローグ

では、令和6年の出題予想を始めて行きましょう。と…その前に…大前提として、確認しておきましょう。4年周期の法則。予想をする上で重要なのは出題サイクルです。で、必ず押さえておかないといけないのが、4年前の出走馬。参考までに、令和5年の出走馬と、平成31年(令和1年)の出走馬を比べてみましょう。同じお馬さんが出走してくるのが分かります。【令和5年】民法 第9問 次の対話は、所有権の取得に関する教授と学生...

… 続きを読む

では、令和6年の出題予想を始めて行きましょう。

と…その前に…

大前提として、確認しておきましょう。4年周期の法則。

予想をする上で重要なのは出題サイクルです。

で、必ず押さえておかないといけないのが、4年前の出走馬。

参考までに、令和5年の出走馬と、平成31年(令和1年)の出走馬を比べてみましょう。

同じお馬さんが出走してくるのが分かります。

【令和5年】
民法 第9問 次の対話は、所有権の取得に関する教授と学生との対話である。

【令和1年】
民法 第10問 次の対話は,添付に関する教授と学生との対話である。

令和5年では、付合とか、所有権の取得の問題が出題されましたが、出題形式(対話問題)の出題のされ方まで同じです(笑)

続いて。

【令和5年】
民法 第14問 動産質に関する次のアからオまでの記述のうち…。

【令和1年】
民法 第12問 民法上の動産質権に関する次のアからオまでの記述のうち…。

横断的な総合問題が出題される傾向がある中、ピンポイントでの「動産質」の出走です。

さらに…。

【令和5年】
民法 第20問 養子に関する次のアからオまでの記述のうち…。

【令和1年】
民法 第21問 養子縁組に関する次のアからオまでの記述のうち…。

いつ出走してくるか分からない「養子縁組」も出走間隔が分かっていれば、楽勝です(笑)

もちろん、民法だけでなく、不動産登記法でも。

判決による登記が、(令和5年)第16問と(令和1年)第17問

電子申請が、(令和5年)第13問と(令和1年)第12問

めずらしい(令和1年)第27問で出走した工場抵当も、

令和5年)第12問のオで、肢の1つとして、こっそり出走(笑)

肢の1つと言えば、(令和1年)第26問で出走した法定相続情報一覧図も、

令和5年)第25問のイで出走。ここまでレアな馬が走ると、もうわざとでしょ(笑)

会社法・商業登記法でも、毎年、設立とか同じ問題がでますが、

会社法の(令和5年)第34問と(令和1年)第34問で、合併がピンポイントで走っています。

もう完全にマネしているとしか思えない…(笑)

商業登記法も、新株予約権の登記がかぶってますね。(令和5年第30問と令和1年第31問)

マイナー科目もしかり。

民事訴訟法では、

管轄(令和5年第1問と令和1年第1問)

証人尋問と当事者尋問(令和5年第4問と令和1年第4問)

ホント、素直に出てくれると対策がしやすいですよね(笑)

供託法でも、

払渡請求手続(令和5年第9問と令和1年第10問)

弁済供託の受諾(令和5年第11問と令和1年第9問)

3問中、2問もかぶせたらダメでしょ(笑)

刑法のように、

同じ共犯からの出題でも、

令和5年)第25問 共犯(狭義の共犯)と(令和1年)第24問 共同正犯みたいな感じで、

ちょっと工夫をしてほしいですよね(笑)

まぁ、こんな感じで書きましたが、お分かりでしょうか?

4年前の出題がどのくらい重要かが…。

出題予想のスタートは、まず、4年前に爆走したお馬さんが取捨選択から始まります。

ということで、次回から、各科目の出走馬の予想を検討してみたいと思います。

途中でやめたらゴメンなさい(笑)

まぁ、あんまり見ている人がいなさそうなら、記事を途中でやめると思います(笑)

応援クリックお願い致します。更新の励みにもなります
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

●受講生時代のブログも残っています。

2024-02-24 (Sat)

2024年予想論点表~徒然なるままに…

そろそろ、超直前期ですよね。予想論点表に書かれている予想も気になるところ…。出題予想の論点表に、招き猫を置いとけば、本試験で幸運を招いてくれるかもしれません(笑)久しぶりに、徒然なるままに、「馬券的出題予想企画」でもしてみようかな…(笑)応援クリックお願い致します。更新の励みにもなりますにほんブログ村●受講生時代のブログも残っています。 →まらやの司法書士合格ブログ...

… 続きを読む

そろそろ、超直前期ですよね。

予想論点表に書かれている予想も気になるところ…。

出題予想の論点表に、招き猫を置いとけば、本試験で幸運を招いてくれるかもしれません(笑)

2024予想論点表

久しぶりに、徒然なるままに、「馬券的出題予想企画」でもしてみようかな…(笑)


応援クリックお願い致します。更新の励みにもなります
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

●受講生時代のブログも残っています。

2024-02-23 (Fri)

気持ちを新たに

今まで、受験生の頃からずっと、登記六法を使っていたのですが、令和6年版から2分冊になっちゃったんですよね~。なので、今年から気持ちを新たに、実務では「登記小六法」を、予備校の仕事では「判例プロフェッショナル」を使うことにしました(笑)もともと法務局の内部で、「登記小六法」は使っていたので、使いやすいです。予備校の仕事も先例を確認することが多いので、「登記小六法」だけで良かったかもしれません。令和7...

… 続きを読む

今まで、受験生の頃からずっと、登記六法を使っていたのですが、

令和6年版から2分冊になっちゃったんですよね~。

なので、今年から気持ちを新たに、実務では「登記小六法」を、予備校の仕事では「判例プロフェッショナル」を使うことにしました(笑)

令和6年六法

もともと法務局の内部で、「登記小六法」は使っていたので、使いやすいです。

予備校の仕事も先例を確認することが多いので、「登記小六法」だけで良かったかもしれません。

令和7年版からは1冊にしよう…(笑)

応援クリックお願い致します。更新の励みにもなります
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

●受講生時代のブログも残っています。

2022-12-21 (Wed)

賃借権の設定の登記において他の不動産と合わせて定められた敷金を登記することの可否について(通知)(令和4年12月12日付法務省民二第1298号)

確か、法務局ごとで取り扱いが異なっていたような気がします。意外と、お客さんの感覚と異なっちゃいますよね(笑) 賃借権の設定の登記の申請において、 申請情報の内容として提供された敷金が他の不動産の敷金と合わせて定められたものである場合には、添付情報である登記原因を証する情報の内容から、当該賃借権に係る賃貸借契約が複数の不動産を一括して契約の対象とするものであり、敷金が当該賃貸借契約の対象である複数の...

… 続きを読む

確か、法務局ごとで取り扱いが異なっていたような気がします。

意外と、お客さんの感覚と異なっちゃいますよね(笑)

 賃借権の設定の登記の申請において、 申請情報の内容として提供された敷金が他の不動産の敷金と合わせて定められたものである場合には、添付情報である登記原因を証する情報の内容から、当該賃借権に係る賃貸借契約が複数の不動産を一括して契約の対象とするものであり、敷金が当該賃貸借契約の対象である複数の不動産を一括して定められたものであることが明らかであるときであっても、当該賃借権の設定の登記は、不動産登記法(平成16年法律第123号)第25条第5号により却下すべきものである。


応援クリックお願い致します。更新の励みにもなります
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

●TACのホームページでもブログを書いています。
 受験と実務をつなげるブログです。ぜひ。

●受講生時代のブログも残っています。
2022-12-14 (Wed)

本試験分析から見えた合否の分かれ目と令和5年度試験対策

イベントの告知です。宅地建物取引士のセミナーです。本試験分析から見えた合否の分かれ目と令和5年度試験対策 12/18(日) 13:00  梅田校予約はコチラ法改正の情報もお伝えしますので、ぜひ、ご参加下さい!応援クリックお願い致します。更新の励みにもなりますにほんブログ村●TACのホームページでもブログを書いています。 受験と実務をつなげるブログです。ぜひ。 →TAC法律資格合格応援ブログ 司法書士●受講生時代のブ...

… 続きを読む

イベントの告知です。

宅地建物取引士のセミナーです。

本試験分析から見えた合否の分かれ目と令和5年度試験対策
12/18(日) 13:00  梅田校

法改正の情報もお伝えしますので、ぜひ、ご参加下さい!



応援クリックお願い致します。更新の励みにもなります
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

●TACのホームページでもブログを書いています。
 受験と実務をつなげるブログです。ぜひ。

●受講生時代のブログも残っています。